トップ > 事業内容

事業内容

事業概要

当社は、主にインナーウェアをインナーメーカーから仕入れ、インターネット上のさまざまなチャネルを通じて、個人のお客様に販売するEコマース (インターネット通販)事業を展開しております。取扱いアイテム数は、レディス、メンズ合計で約12,000品番あります。取扱いブランド数においても、国内と海外を含め166ブランドをラインアップしております(平成29年8月末現在)。

また、当社では、本社及び配送センターで商品仕入れからサイト運営、物流までの複雑多岐にわたる業務をすべてワンストップに行っており、Eコマース運営で必要となるインフラも取り揃えた「ワンストップ・エコ(便利)システム体制」を構築しております。

事業概要図

事業構成

主な販売チャネルとして、自社のPC、スマートフォン、携帯公式(docomo/au/softbank)サイトの他、「楽天市場」・「Yahoo!ショッピング」・「Amazon.co.jp」・「Wowma!(旧DeNAショッピング)」・「Qoo10」・「ポンパレモール」等のインターネット上のショッピングモールがあります。「楽天市場」において、当社は10年連続でショップ・オブ・ザ・イヤー(インナー・下着・ナイトウェアジャンル部門)を受賞しております。また、海外に向けた自社のグローバルサイトを開設するとともに、海外のインターネットショッピングモールである、「天猫国際」(Tmall.hk)(中国)・「Qoo10」(シンガポール)へも出店しております。

オンラインショッピング PCサイト

オンラインショッピング スマートフォン・携帯公式サイト

オンラインショッピング 海外サイト

実店舗

仕入商品選定のためのアンテナ店舗として京都市南区に直営実店舗を1店舗有し、インナーウェアの販売を行っております。

アバンティ店

住所:〒601-8003 京都府京都市南区東九条西山王町31
電話:075-671-8771

MAP

SNSサイト

お客様とのコミュニケーション手段として、ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)である、
Twitter・Facebook・LINE@・Instagramの公式アカウントも運営しております。

Facebook

Twitter


LINE@公式アカウント

下記のQRコードをスマートフォンまたはタブレットでスキャン、「LINE アプリ」で簡単に登録ができます。


LINE@SHIROHATO本店

友だち追加数


LINE@SHIROHATO楽天店

友だち追加数


LINE@SHIROHATOヤフー店

友だち追加


Instagram






当社の特徴

約12,000品番の品揃え

インナーウェアは、アウターウェアとは違い、外から見えない特性上、シーズンごとに変わる流行に大きく影響されず、天候などの季節要因の影響も受けないのが特徴です。また、定番商品などに見られるように販売期間が長いアイテムも多く、ファッションカテゴリーの中では実用的な商品特性も持ち合わせております。

当社の取扱いアイテム数は、レディス、メンズ合計で約12,000品番あります。取扱いブランドは、「ワコール」・「トリンプ」などの国内ブランド、「カルバンクライン」・「エンポリオアルマーニ」・「モードマリー」などの海外ブランド、そして、「bloomingFLORA」・「COMUSE」・「ContRante」の自社オリジナルブランドと「トリンプ」・「peek-a-boo」などとのOEM(コラボレーション)ブランドがあり、全部で166ブランドをラインアップしております(平成29年8月末現在)。

ワンストップ・エコ(便利)システムの構築

Eコマース業界では、日々変化する顧客ニーズや、ポータルサイトとの連携などに対応するために、自社におけるシステム開発及び運用保守業務が不可欠となっております。
特にインターネットショッピングモールなどとの連携においては、急な仕様変更や機能追加が発生しており、アジャイル開発(*)を余儀なくさせられる状況であります。このような業務をアウトソーシングに依存することも考えられますが、外的変化のスピードに追いつくことができず、ビジネス機会の損失に繋がるため、当社は、自社開発の基幹システム「楽らく通販システム」により、発注・仕入・在庫管理・受注・売上・出荷・顧客管理・顧客対応・商品登録・撮影・画像制作・サイト在庫連携・売掛管理・入金処理・勤怠・棚卸のそれぞれの業務をワンストップに管理し、業務の正確性の確保と効率化、そして迅速性を実現しております。

* アジャイル開発:システムに対する要件の変化や追加を積極的に受け入れることにより、真の要求に見合った価値のあるシステムを開発するプロセスのこと。

自社物流ロジスティック

Eコマース事業において重要な要素となる物流業務につきましては、いわゆる越境ECによる海外への発送業務を含め、本社に併設した配送センターにて在庫管理、受注・出荷作業、顧客対応業務を行っており、併せて、2016年2月に取得した当社隣接の倉庫にストック在庫を集約し、ピッキング在庫との連携も行っております。
配送センターでは、マテハンシステム(自動制御ロジスティックシステム)の導入や精緻な在庫管理に努めることにより、1日の出荷枚数が16,172枚、出荷個数が7,664個まで可能となりました(平成29年6月23日実績値)。他方では、流通のボーダレス化に伴い、トレーサビリティを意識した運用、バーコードを利用したJANコード(*1)による商品のSKU(Stock Keeping Unit)管理(*2)、及び、今後の流通の多角化を睨んだ重量計測(*3)への対応も行っております。
また当社におきましては、近年社会問題化しております宅配の再配達問題の解消を図るべく利便性と環境に配慮したメール便を積極的に採用しております。

*1 JANコード:商品毎に個別に印刷・添付されている商品コード
*2 SKU管理:品番、カラー、サイズによる最小の分類単位により管理すること
*3 重量計測:主に海外送料を自動計算するために、商品毎の重量を計測し登録すること。

PageTop